旦那の浮気は自分の魅力の無さ

出会ってすぐに風俗通いをやめたと言っていたのに、実はやめてなくてこっそり風俗店に通っていたことがわかった。
どれだけ欲求不満だったのかと旦那さんを笑ってしまうかもしれません。
しかし、自分に魅力がなくなってしまったのかという事実に落胆してしまうと思います。

かなり落ち込んでしまうと思います。
ずっと落ち込んでいてもしょうがないので、まず事実を確認します。
どのくらいの頻度で通っていくらくらいの金額を使ったのかも聞きます。
少しは娯楽を与えてあげてもいいとは思っていますが、狂うほど通われていたとなると落ち込みます。
とりあえず借金するほどに狂っていないかだけを確認してそうでなければお咎めなしにすると思います。
でも話し合いはしっかりして、今後は狂うほど頻繁には行かないようにさせると思います。
完全に禁止にすると逆に行きそうなので、これくらいにすると思います。

自分では足りないということをあからさまに示しているような気がして、自分の自信がなくなってしまうような気がします。
過去の交際相手がいるのは当然のことなので、画像が流出していることに関しては何も思わないです。
それに関してまだ感情を持っているように見えたら追求するかもしれません。
ただ、あたかも独身かのように振舞って楽しんでいることには怒りを覚えます。

浮気をされるとき

まず嘘をついているということは自分だけでなく、他の人にも裏切り行為をしているというわけです。
そこまでして、他の人と関わる必要があるのか聞いてみると思います。
その返事次第では離婚も考えなければならなくなると思います。
気持ちが全くないなら結婚生活を続ける必要はないと思います。

密かなる逆襲

さきほど、旦那に浮気された妻の復讐劇を再現した恋愛バラエティ番組が放送されていた。
インターネット上でも、もしも浮気された場合の対処方について、経験者が指南しているのを見かける。

発見したそのとき、ではなくて、時間と労力を掛けてじっくりと証拠を集め、協力者を見つけて、何もかも準備が揃ったときに追い詰めるのが良いようだ。
旦那の浮気、妻の浮気、どちらなのかで慰謝料の額もまた変わってくるようだが、弁護士の手を借りる場合でも、自分の段階で様々な準備が必要となる。
例えば、家に帰ったら浮気相手とまさに事に及んでいた場合。
「おい!なにをやってる!」とその場で問い詰めてはいけない。
精神的にガラガラと崩れて吐き気をもよおすくらいのことだが、その足で家電量販店に行き、レコーダーとハンディカム、記録媒体を購入する。
家に来るくらいだから、浮気相手とは頻繁に会っていることだ。
それをまずは記録することに集中しなければならない。
帰宅して、何も無かったかのように自分に「おかえり?」という相手に対して、それはそれは殺意が湧くだろうが、動じてはいけないのだ。
レコーダーや録画機をセットして、また浮気相手がくる曜日を待つ。
その間、隙を見て携帯電話やパソコンをチェックしなければならない。
怪しいメールやSNSでのやりとりはすべて記録して自分のパソコンなどに送信しておく。
一番良いのは「犯行」を納めること。
隠し撮りしていたものが、ついに姿をとらえたら、弁護士事務所にかけこみ打ち合わせを行うのだ。
浮気相手からも高額な慰謝料を取れるように綿密に打ち合わせを重ねて、いよいよ問い詰めるときは、相手の親と自分の親を同席させてネタばらしを行う。
浮気がバレた相手は泣き叫ぶだろうが、すべて証拠が揃っている。
実際にここまでできる人は少ないと想うが、自分は浮気をされるようなことがあったら、歯を食いしばってこの方法を実践する。

一本道
一本道
人気AV女優から素人、熟女、洋物まで 業界トップクラスの美形モデルの動画をフルHD超高画質で公開、その数3000本以上。
www.levyeasthouse.com/cat/1pondo/